메인コイン先物取引ビットコインチャートの15種類、先物取引パターン分析のまとめ

ビットコインチャートの15種類、先物取引パターン分析のまとめ

ビットコインチャートパターン

ビットコインチャートパターンの種類と先物・現物取引チャートの比較について詳しく整理してみます。コインチャート分析を確認する前に、ビットコイン先物取引の用語ビットコイン先物取引の方法についてのポストを参考にすると、コインの現物および先物取引を始めるのに役立つ情報を確認できます。

アセンディングトライアングルパターン (Ascending Triangle)

アセンディングトライアングルパターン (Ascending Triangle)

特徴要約:高値と安値が収束し、頂点部分でブレイクアウト現象(強い上昇)が発生し、上昇傾向につながるビットコインチャートの特徴があります。

幅(AとBラインの間隔)が広い収束中は取引量が減少するが、ブレイクアウト地点では取引量が活発になる特徴があり、C地点での投資家が多いと言えます(アセンディングトライアングルパターンによる上昇期待心理)。

アセンディングトライアングルパターンの詳細な分析

  • 上昇する底線(Aライン):底線の安値区間が高くなるということは、暗号通貨の買い手がより高い価格で購入しようとしていることを意味します。
  • 水平抵抗線(Bライン):上昇する底線と対照的なラインです。市況上昇のために何度も試みたが、突破できなかったために水平抵抗線として残る特徴があります。これは売り手が水平線に近い価格で資産を売ることを意味します。
  • アセンディングトライアングルパターンの取引量:該当パターンが形成されると、取引量が増加する兆しは将来に強力に市況が上昇することを意味します。
  • 価格上昇:一般的には、アセンディングトライアングルが形成されると市況が上昇します。つまり、底線AラインがBラインの抵抗線を突破し、より高いレベルへの上昇を意味します。この突破は上昇傾向の持続を示し、多くのトレーダーにとって購入のシグナルです。

ディセンディングトライアングルチャートパターン (Descending Triangle)

ディセンディングトライアングルチャートパターン (Descending Triangle)

特徴要約:アセンディングトライアングルの上昇型パターンとは正反対のパターンです。下降傾向を維持し、三角収束に入るビットコインチャートです。

同様に、三角形の範囲内では取引量が減少する特徴があり、頂点部分で売り物量が強く発生する地点で、さらなる下落を予想できるパターンです。

ディセンディングトライアングルチャートパターンの詳細な分析

  • 上線の下降が続く:連続して低い高値を形成しながら下降する上線を持ちます。投資家が低い価格で資産を売っていることを意味します。
  • 水平支持線はすぐに抵抗線に:買い手が水平線の市況で資産を購入しようとすることを意味します。
  • 取引量が徐々に減少する:ディセンディングトライアングルパターンが形成されるほど、取引量が減少します。また、市況下落傾向の継続可能性を意味します。
  • 下落が発生する:ディセンディングトライアングルパターンが形成され、上線が水平支持線を超えた場合、急落が始まります。これは売り量が買い量より圧倒的に多いことを意味し、どこまで下落するかわからないため、底値で購入を希望する場合は、様子を見てから入場する必要があります。

シミトリカルトライアングルチャートパターン (Symmetrical Traingle)

シミトリカルトライアングルチャートパターン (Symmetrical Traingle)

特徴要約:アセンディングとディセンディングトライアングルパターンとは異なり、同じ角度で対称的に三角収束を持つ特徴があります。将来に強い上昇または下降、どのような傾向を示すか方向予測が難しいため、コイン市場の雰囲気に合わせて入場または様子見をすることが良いです。

一般的には、下降傾向の後にシミトリカルトライアングルパターンが形成される=さらなる下降、上昇傾向の後にシミトリカルトライアングルパターンが形成される=さらなる上昇を期待する傾向です。

シミトリカルトライアングルチャートパターンの詳細な分析

  • 完全な対称形状である:上線と底線がほぼ同じ角度で動き、パターンが完成するにつれてだんだん狭まります。
  • 方向が不確かである:上述の部分ですが、方向性の不確実性を持つため、躊躇なく入場することが非常に難しい区間です。
  • どちらの方向になっても強い傾向が発生する:上でも下でもどちらかに強く突破する可能性があるため、非常に慎重に入場するべき区間です。
  • 取引量:シミトリカルパターンの完成に近づくにつれて取引量は減少し、方向が決まると取引量が非常に強く増加します。下向きの場合は、売り手が多いことを意味し、逆の場合は買い手が多いことを意味します。

ヘッドアンドショルダーチャートパターン (Head and Shoulders Pattern)

ヘッドアンドショルダーチャートパターン (Head and Shoulders Pattern)

特徴要約:ヘッドアンドショルダーパターンは、両側の肩+頭、合計3つの高値が形成される特徴があります。

通常、ヘッド部分が最高点を形成し、右肩が左肩よりも低い高点または同じ価格で高点をつける傾向があります。

逆ヘッドアンドショルダーチャートパターン (Inverse Head and Shoulders Pattern)

逆ヘッドアンドショルダーチャートパターン (Inverse Head and Shoulders Pattern)

特徴要約:逆ヘッドアンドショルダーパターンは、上記のパターンを180度反転させた形です。

ヘッドアンドショルダーは3つの高点を形成し、下降傾向に転じますが、逆ヘッドアンドショルダーは3つの安値を形成した後、上昇傾向に転じます。

カップアンドハンドルチャートパターン (Cup and Handle)

カップアンドハンドルチャートパターン (Cup and Handle)

特徴要約:カップアンドハンドルパターンは、カップの形+ハンドルの形が現れるチャートです。U字カーブを描いた後、ハンドル部分で強く上昇傾向に突破する特徴があります。

逆カップアンドハンドルチャートパターン (Inverse Cup and Handle)

逆カップアンドハンドルチャートパターン (Inverse Cup and Handle)

特徴要約:逆カップアンドハンドルパターンは、カップアンドハンドルパターンを180度反転させた形です。

同様に、下降傾向の後に上昇傾向に乗りますが、この逆カップアンドハンドルパターンは上昇カーブを描きながら、ハンドルライン部分で強く下降する特徴があります。

ダブルボトムチャートパターン (Double Bottom)

ダブルボトムチャートパターン (Double Bottom)

特徴要約:ダブルボトムパターンは、下降傾向を維持しながら2つの安値を形成し、上昇傾向に転じる特徴があります。(2番目の安値が1番目の安値よりも低い状態でありながらも、ネックライン抵抗線に達して下降する場合、逆ヘッドアンドショルダーパターンを形成することもあります)

一般的に、2番目の近くでの投資家が多いと見られ、将来の上昇を期待する範囲です。

ダブルトップチャートパターン (Double Top)

ダブルトップチャートパターン (Double Top)

特徴要約:ダブルボトムとは異なり、2つの高点を形成して下降傾向に続くパターンです。同様に、下降傾向から上昇傾向への転換時に現れるチャートです。

2番目の高点が1番目の高点よりも高く形成され、支持線近くで支持を受けた後に上昇する場合、ヘッドアンドショルダーパターンを形成することもあります。

トリプルボトムチャートパターン (Tripple Bottom)

トリプルボトムチャートパターン (Tripple Bottom)

特徴要約:トリプルボトムは3つの安値が似た価格で形成される特徴があります(合計3回の底を確認した時期)。

ダブルボトムよりもトリプルボトムが上昇する可能性が高いパターンであり、購入のタイミングは3番目の近くでネックラインと重なる範囲での投資家がいる傾向があります。

トリプルトップチャートパターン (Tripple Top)

トリプルトップチャートパターン (Tripple Top)

特徴要約:トリプルボトムとは正反対のパターンです。合計3回も高点近くでトライするものの、強い抵抗線を突破できず、強い売り圧力を示す特徴があります。

ライジングウェッジチャートパターン (Rising Wedge)

ライジングウェッジチャートパターン (Rising Wedge)

特徴要約:2つの水平線がバランスを保っておらず、わずかに傾斜した形です。通常、上昇傾向よりも下降市場でよく見られるパターンです。収束線の間で取引量が減少し、意味のない上昇を見せた後に強く下落する傾向があります。

  • ライジングウェッジチャートパターンとアセンディングトライアングルパターンの違いは何ですか?

ビットコインのアセンディングトライアングルパターンは、通常、上昇傾向で連続して現れるチャートですが、ライジングウェッジは下降傾向の転換を示します。また、アセンディングトライアングルは上線が水平であるのに対し、ライジングウェッジは上線も一緒に上昇する特徴があります。

フォーリングウェッジチャートパターン (Falling Wedge)

フォーリングウェッジチャートパターン (Falling Wedge)

特徴要約:ライジングウェッジパターンは持続的な下降市場型のコインチャートで有名なパターンですが、フォーリングウェッジは反転パターンで有名なチャートです。通常、長期的な下降市場のトレンド中に形成され、次第に狭まる価格範囲と下降する2つの傾斜した線で表されます。

高値は徐々に低くなり、安値が高くなる特徴があり、将来に強く上昇する可能性が高いパターンです。つまり、持続的な下降市場のトレンドの終わりを知らせるシグナルです。

ブリッシュフラッグパターン (Bullish Flag)

ブリッシュフラッグパターン (Bullish Flag)

特徴要約: 名前からも分かるように、劇的な市況上昇のシグナルを示すパターンです。強力な上昇と共に支持区間の形成、ボックスレンジの横ばい区間を形成し、さらに高値を更新する魅力的なチャートです。

特に、取引所に仮想通貨が新規上場した時のケースや、一瞬にして多くの買い手がいる場合、ブリッシュ・フラッグ・パターンをよく見つけることができます。

短時間足(5分〜1時間)でも信頼性が高いパターン

  • 一瞬にして強力な市況上昇が発生する: ブリッシュ・フラッグ・パターンは強い上昇傾向が現れ、該当区間で少しずつ利益を得る良い機会です。底値からじっくり持っていれば、驚くべき利回りを狙うことができます。
  • 取引量: 横ばい区間の形成中は取引量が減少します。休憩する区間だからです。その後、一瞬にして取引量が増加します。
  • ブリッシュ・フラッグ・パターンとフォーリング・ウェッジ・チャート・パターンの違いは何ですか?

ブリッシュ・フラッグは強い上昇傾向の後の短い横ばい区間を持ち、強力な上昇が現れる特徴がありますが、フォーリング・ウェッジは長期的な下降市場 > 上昇傾向への転換という違いがあります。

ベア・フラッグ・パターン (Bear Flag)

ベア・フラッグ・パターン (Bear Flag)

特徴要約 : ブリッシュ・フラッグ・パターンと正反対のチャートパターンです。下落後、短い時間内に横ばいボックスレンジを形成し、再び支持線を割ってさらに下落するパターンです。同様に、非常に強く現れる売りパターンであるため、莫大な資産損失が発生する可能性があります。

以上、コイン現物および先物チャートパターンのまとめ内容でした。

コインチャートパターン分析サイトのお勧め

ビットコインチャート分析の場合、多くのサイトがありますが、個人的に最もお勧めしたいのはトレーディングビューというサイトです。

ビットコインチャートに関連して最も多くのサービスを提供しており、大規模なコミュニティも形成されているため、ビットコインチャートに関して、非常に多様なトレーダーの立場を確認することができます。

コインチャートパターンの勉強方法は?

ビットコインチャートの勉強方法は主に2つに分かれています。一つはYouTubeのようなトレーダーの動画を通じて勉強する方法、もう一つは書籍を通じて勉強する方法です。

個人的な意見としては、ほとんどのトレーダーのYouTube動画の場合は整理されている感じがないため、ビットコインチャート分析に関連する書籍を購入して勉強してみることをお勧めします。

거래소비트겟빙엑스MEXC바이비트
수수료0.02%, 0.04%0.045%0.01% 0.05%0.02%, 0.055%
순위3위5위7위2위
추천도가장 압도적으로 추천! (5/5)(5/4.5)(5/4)(5/4.5)
언어영어영어한국어영어
할인50%50%10%20%
대상단타, 스캘핑에 최적독특한 복사거래다양한 암호화폐유튜버가 추천하는 곳
가이드비트겟 가이드북빙엑스 가이드북MEXC 가이드북바이비트 가이드북
가입하기가입하기가입하기가입하기

공유하기

관련 가이드

ゆとりのある人のコインブログ
ゆとりのある人のコインブログhttps://lifeblog.co.kr
仮想通貨取引所のおすすめ情報、先物取引、派生商品など

返事を書く

あなたのコメントを入力してください。
ここにあなたの名前を入力してください

오늘의 인기 포스트

공유하기

같이 읽으면 유용한 콘텐츠

최신 기사