分離マージンとクロスマージンとは?違いとオスメス

ビットコインの分離マージンとクロスマージンは、ビットコイン先物取引における注文モードを意味し、BybitやBinanceなどのすべての先物取引所がこの機能を提供しています。

先物投資家の取引方法によって、分離マージンまたはロスマージンを使用します。また、どのモードを選ぶかによって、コインの強制清算が容易に発生するか、防ぐこともできます。

Bybitのマージンとクロスマージンとは?

分離マージン(Isolated Mode)

Bybit 分離マージン(isolated)は、先物ウォレットにある担保とベット金額(マージン金)を別々に分けて、取引を行うモードです。

最も一般的に多く使用されるモードで、強制清算が発生した場合、ポジションにあるマージン金額のみ清算される特徴があります。

分離マージンは強制清算からのリスクを防ぐことはできませんので、ストップロス(SL)機能を必ず利用することをお勧めします。これにより、強制清算のリスクを最大限に防ぐことができます。

クロスマージン(Cross Mode)

Bybit クロスマージン(Cross)は分離マージンの正反対のモードです。先物ウォレットにある担保とポジションにあるマージン金を適切にクロスして使用するモードです。

例えば、分離マージンの場合は、清算価格が超過すると、ポジションが消滅する状況が発生しますが、クロス方式の場合は、自分のウォレットにある先物資産まで共有されるため、資産がどれだけあるかによって清算価格基準を大幅に下げることができます。

しかし、先物ウォレットに資産が不足している場合、補充できるマージン金が不足しているという意味で、分離マージンと同じように強制清算が発動されます。

バイナンスの分離マージンとクロスマージン

最も人気のあるバイナンス取引所も、Bybit取引所と同じように100%同様に動作します。バイナンスの分離マージンとクロスマージンだけでなく、Bitget取引所のようなすべての先物取引所が含まれます。

分離マージンとクロスマージンの変更

結論から申し上げますと、最初にクロスマージン/分離マージンで入ったポジションは、途中でモードの変更が不可能であるという点をお伝えします。

바이낸스 교차 격리

既存のポジションの清算価格を下げたい場合は、マージン金額をさらに補充することで、清算価格の基準を下げることができます。

バイナンスのクロスマージンとアイソレートマージンの欠点としては、Bitget取引所ではレバレッジ倍率を途中で下げたり、マージン金の追加を通じてクロスモードの強制清算のリスクを下げるような類似の効果を得ることができますが、バイナンスにはそのような機能がない点です。

コインのマージンレートが大幅に上昇し、清算価格が大幅に下がる効果を得ます。コインのマージン比率も大幅に減少する結果を得ることができます。

クロスマージンと分離マージの長所と短所、おすすめ

備考クロスマージ分離マージ
清算リスク低い高い
取引方式ポジションを長期的に保有する短期取引または超短期取引、スキャルピング
レバレッジ低倍率高倍率または中倍率
使用比率低い最も一般的に選択されるモード

長所と短所

分離マージンは一般的に最も選ばれるモードであり、主にスキャルピングや超短期取引、先物の短期またはスイング取引、高レバレッジや低金額の注文(50倍の少額)などに利用されます。

利点としては、清算が発生した際には自分が注文した金額だけが清算されるという特徴があります。また、すべての海外の先物取引所では、分離モードに対してレバレッジの上限を設けていません。(一般的には最大100倍から125倍まで可能ですが、クロスモードではそうでない場合もあります

クロスマージンの欠点としては、清算が発生した際に何もできないという点です。つまり、分離マージンで清算を防ぐためには、TP(テイクプロフィット – 利益確定価格)およびSL(ストップロス – 損切り価格)機能のみで防ぐことができます。

逆にクロスマージンは、自分の先物口座にある資産と一緒に注文を入れる方式です。

クロスマージンの利点としては、清算が発生した場合、自分の口座にある資産が利用されるため、注文が強制的に終了されないという点です。

クロスマージンの欠点としては、仮想通貨の価格変動幅が非常に大きい場合、先物口座にある資産が一瞬で消失する可能性があるという点です。

また、一部の海外の先物取引所では、クロスモードに対して最大25倍までのレバレッジ、または1〜2倍までしか許可されない場合もあります。

一般的にクロスマージンは、低レバレッジの長期先物取引に選ばれることが多いです。例えば、数百万円から数千万円の金額で2〜5倍程度の低レバレッジを使うことです。

レバレッジの倍率が低いほど、清算のリスクも大幅に減少するため、先物取引で長期投資を計画している場合は、クロス低レバレッジ方式を選ぶのが適切です。

または、投資資金が少し足りないため、現物取引の利益が微妙な場合にも、先物取引のクロスモードで2倍〜3倍のレバレッジを活用して取引することもあります。

違い要約

結論として、これまでの内容を読まれたならば、クロスマージンとアイソレートマージンの違いを完全に理解していただけたと思います。もう一度要約して申し上げますと、以下の通りです。

  • 分離マージン:高いレバレッジと低い金額で超短期のスキャルピングなどに活用する場合、最も一般的に選ばれる注文オプションです。
  • クロスマージン:低いレバレッジと高い金額で長期投資や長期的に見る際に選択するモードで、通常は先物の長期投資のリスクのためにあまり選ばれません。
거래소비트겟빙엑스MEXC바이비트
수수료0.02%, 0.04%0.045%0.01% 0.05%0.02%, 0.055%
순위3위5위7위2위
추천도가장 압도적으로 추천! (5/5)(5/4.5)(5/4)(5/4.5)
언어영어영어한국어영어
할인50%50%10%20%
대상단타, 스캘핑에 최적독특한 복사거래다양한 암호화폐유튜버가 추천하는 곳
가이드비트겟 가이드북빙엑스 가이드북MEXC 가이드북바이비트 가이드북
가입하기가입하기가입하기가입하기

공유하기

ゆとりのある人のコインブログ
ゆとりのある人のコインブログhttps://lifeblog.co.kr
仮想通貨取引所のおすすめ情報、先物取引、派生商品など

返事を書く

あなたのコメントを入力してください。
ここにあなたの名前を入力してください

오늘의 인기 포스트

공유하기