バイナンスとバイビットどっちが使いやすい?取引所比較

バイビットとバイナンスはどちらも最高の先物取引所です。バイビットは指値手数料が安いと知られていましたが、最近の手数料政策の変更により、もはや安い場所ではありません。しかし、先物取引を初めてする方には、バイビットの先物UIが慣れやすいかもしれません。

これについて詳しく見ていきましょう。

バイビットとバイナンス比較

バイビット特徴

バイビットは派生商品取引に特化した取引所です。特別な場合(バイナンスの現物より安い場合や現物手数料0%のイベントなど)がない限り、現物取引には適していません。

先物取引には非常に良い条件を提供しており、バイナンスの先物取引よりも良い条件を備えています。

代表的にはVIPプログラムがあります。

VIPプログラムバイビットバイナンス
VIP等級条件取引量BNB保有、取引量
達成難易度取引をすれば満たせる多くの初期資金が必要
特典手数料割引手数料割引

バイビットでは、ただ先物取引を続けるだけでVIPランクアップのチャンスがあります。

しかし、バイナンスでは各VIPランクごとにBNB(バイナンスコイン)を持っている必要があり、最低VIPランクの場合、BNB 25個と一定の取引量を満たす必要があるというデメリットがあります。

バイビットとバイナンス手数料比較

手数料バイビットバイナンス
メイカー・テイカー手数料0.02% 0.055%0.02% 0.04%
手数料割引20%20%
手数料割引方式リベートリベート

指値は同じですが、市場価格ではバイビットの方が高いです。リベートを通じての手数料返金方式が同じなので、先物手数料だけを見るとバイナンスの方が良いかもしれません。

先物取引比較

機能バイビットバイナンス
両方向取引 (ヘッジモード)可能可能
ポジション転換取引 (リバース)可能不可能
エントリー後のTP(利益確定)SL(損切り)設定可能不可能
証拠金追加可能不可能
自動証拠金補充オプション可能不可能
全てのポジションの清算不可能可能
各先物ペアページごとのロング・ショート比率の提供不可能不可能
カスタム注文モード (ウェブフック取引、ティワップなど)可能不可能
先物コピートレーディング可能不可能

バイビットならではのメリット

バイビット取引所ならではのメリットは、遅延なしの迅速な取引速度で先物取引を体験できることです。バイナンスの先物よりもUI/UXが使いやすく、より多様な先物取引機能を提供しています。

  • 先物取引の清算を防ぐための自動証拠金補充、証拠金の追加、途中TPSL設定など
  • トレーディングビューのアラートを基にした先物注文、定期的なタイミングで注文する自動モードなど

バイナンスの特徴と長所短所

バイナンス取引所は、世界の暗号通貨取引所の中で1位であり、非常に多様な派生商品と暗号通貨プラットフォーム(DeFi、ランチパッドなど)が充実しているため、批判する部分がほとんどありません。

どうしてもバイナンス取引所の欠点を挙げるならば、変化が少ないことです。バイナンスを除く上位の先物取引所は迅速にアップデートされています。

取引の不便な部分を継続的に改善しており、様々なコイン取引所の新規登録イベントが進行中で、最近ではビットゲット取引所がリニューアルを完了しました。これらを除けば、特にありません。

ただ、もう一つ少し残念な点は、ビットゲット取引所やBingX取引所のようにコピートレーディング派生商品プラットフォームがないことです。

長所

暗号通貨投資家のために非常に多様なプラットフォームサービスを提供しており、各サービスで最高レベルの経験を享受できます。

取引量が最も多いため、不便なく短期取引やスイング取引が可能です。特に、取引量の少ない取引所では指値注文に少し待ち時間が必要ですが、バイナンスではそうではありません。

バイナンスの手数料も、世界の先物取引所の中でも高くなく、安くもない適切なレベルです。

短所

日本でのサービスが完全に提供されていない点です。例えば、派生商品の提供が不十分です。先物取引を利用する方々には多くの不便を感じることがあります。

また、トップランクの取引所であるためか、先物取引機能のアップデートやアップグレードがあまり行われていないという欠点もあります。

バイビットVSバイナンス 比較簡潔まとめ

比較バイビットバイナンス違い
取引量約1兆円約5兆円約4兆円違い
取引所ランキング (派生商品)3位1位2位違い
1日当たりの利用者数1日平均30万人の訪問者1日平均3000万人の訪問者2970万人の差
推奨対象先物取引の長期ユーザー現物取引およびDeFi、ランチパッドなど
手数料割引率20%20%
先物取引の利便性良い良い

バイビットとバイナンス手数料最大割引比較

구분바이비트바이낸스
레퍼럴 코드 할인20%20%
VIP 할인지정가 최대 100% (=0%)지정가 최대 100% (=0%)
거래소 토큰X10% 할인

バイビットとバイナンス、結局どちらが良いでしょうか?

結論として、先物取引を初めてする場合は、バイビットがバイナンスよりも長期的に見て良いかもしれません。バイビットの先物取引の多様な注文モードと機能に慣れれば、より多様な先物戦略を立てることができるためです。

また、先物利益のための様々な補助機能も提供している点でバイビットが有利です。

しかし、圧倒的な取引量と信頼性を最も重視するなら、バイナンスが良いかもしれません。

コストパフォーマンスを選ぶか、高級ブランドを選ぶかの違いと言えます。

バイビットとバイナンスはどちらも最高の先物取引所です。バイビットは指値手数料が安いと知られていましたが、最近の手数料政策の変更により、もはや安い場所ではありません。しかし、先物取引を初めてする方には、バイビットの先物UIが慣れやすいかもしれません。

これについて詳しく見ていきましょう。

バイビットとバイナンス比較

バイビット特徴

バイビットは派生商品取引に特化した取引所です。特別な場合(バイナンスの現物より安い場合や現物手数料0%のイベントなど)がない限り、現物取引には適していません。

先物取引には非常に良い条件を提供しており、バイナンスの先物取引よりも良い条件を備えています。

代表的にはVIPプログラムがあります。

VIPプログラムバイビットバイナンス
VIP等級条件取引量BNB保有、取引量
達成難易度取引をすれば満たせる多くの初期資金が必要
特典手数料割引手数料割引

バイビットでは、ただ先物取引を続けるだけでVIPランクアップのチャンスがあります。

しかし、バイナンスでは各VIPランクごとにBNB(バイナンスコイン)を持っている必要があり、最低VIPランクの場合、BNB 25個と一定の取引量を満たす必要があるというデメリットがあります。

バイビットとバイナンス手数料比較

手数料バイビットバイナンス
メイカー・テイカー手数料0.02% 0.055%0.02% 0.04%
手数料割引20%20%
手数料割引方式リベートリベート

指値は同じですが、市場価格ではバイビットの方が高いです。リベートを通じての手数料返金方式が同じなので、先物手数料だけを見るとバイナンスの方が良いかもしれません。

先物取引比較

機能バイビットバイナンス
両方向取引 (ヘッジモード)可能可能
ポジション転換取引 (リバース)可能不可能
エントリー後のTP(利益確定)SL(損切り)設定可能不可能
証拠金追加可能不可能
自動証拠金補充オプション可能不可能
全てのポジションの清算不可能可能
各先物ペアページごとのロング・ショート比率の提供不可能不可能
カスタム注文モード (ウェブフック取引、ティワップなど)可能不可能
先物コピートレーディング可能不可能

バイビットならではのメリット

バイビット取引所ならではのメリットは、遅延なしの迅速な取引速度で先物取引を体験できることです。バイナンスの先物よりもUI/UXが使いやすく、より多様な先物取引機能を提供しています。

  • 先物取引の清算を防ぐための自動証拠金補充、証拠金の追加、途中TPSL設定など
  • トレーディングビューのアラートを基にした先物注文、定期的なタイミングで注文する自動モードなど

バイナンスの特徴と長所短所

バイナンス取引所は、世界の暗号通貨取引所の中で1位であり、非常に多様な派生商品と暗号通貨プラットフォーム(DeFi、ランチパッドなど)が充実しているため、批判する部分がほとんどありません。

どうしてもバイナンス取引所の欠点を挙げるならば、変化が少ないことです。バイナンスを除く上位の先物取引所は迅速にアップデートされています。

取引の不便な部分を継続的に改善しており、様々なコイン取引所の新規登録イベントが進行中で、最近ではビットゲット取引所がリニューアルを完了しました。これらを除けば、特にありません。

ただ、もう一つ少し残念な点は、ビットゲット取引所やBingX取引所のようにコピートレーディング派生商品プラットフォームがないことです。

長所

暗号通貨投資家のために非常に多様なプラットフォームサービスを提供しており、各サービスで最高レベルの経験を享受できます。

取引量が最も多いため、不便なく短期取引やスイング取引が可能です。特に、取引量の少ない取引所では指値注文に少し待ち時間が必要ですが、バイナンスではそうではありません。

バイナンスの手数料も、世界の先物取引所の中でも高くなく、安くもない適切なレベルです。

短所

日本でのサービスが完全に提供されていない点です。例えば、派生商品の提供が不十分です。先物取引を利用する方々には多くの不便を感じることがあります。

また、トップランクの取引所であるためか、先物取引機能のアップデートやアップグレードがあまり行われていないという欠点もあります。

バイビットVSバイナンス 比較簡潔まとめ

比較バイビットバイナンス違い
取引量約1兆円約5兆円約4兆円違い
取引所ランキング (派生商品)3位1位2位違い
1日当たりの利用者数1日平均30万人の訪問者1日平均3000万人の訪問者2970万人の差
推奨対象先物取引の長期ユーザー現物取引およびDeFi、ランチパッドなど
手数料割引率20%20%
先物取引の利便性良い良い

バイビットとバイナンス手数料最大割引比較

구분바이비트바이낸스
레퍼럴 코드 할인20%20%
VIP 할인지정가 최대 100% (=0%)지정가 최대 100% (=0%)
거래소 토큰X10% 할인

バイビットとバイナンス、結局どちらが良いでしょうか?

結論として、先物取引を初めてする場合は、バイビットがバイナンスよりも長期的に見て良いかもしれません。バイビットの先物取引の多様な注文モードと機能に慣れれば、より多様な先物戦略を立てることができるためです。

また、先物利益のための様々な補助機能も提供している点でバイビットが有利です。

しかし、圧倒的な取引量と信頼性を最も重視するなら、バイナンスが良いかもしれません。

コストパフォーマンスを選ぶか、高級ブランドを選ぶかの違いと言えます。

バイビットとバイナンスはどちらも最高の先物取引所です。バイビットは指値手数料が安いと知られていましたが、最近の手数料政策の変更により、もはや安い場所ではありません。しかし、先物取引を初めてする方には、バイビットの先物UIが慣れやすいかもしれません。

これについて詳しく見ていきましょう。

バイビットとバイナンス比較

バイビット特徴

バイビットは派生商品取引に特化した取引所です。特別な場合(バイナンスの現物より安い場合や現物手数料0%のイベントなど)がない限り、現物取引には適していません。

先物取引には非常に良い条件を提供しており、バイナンスの先物取引よりも良い条件を備えています。

代表的にはVIPプログラムがあります。

VIPプログラムバイビットバイナンス
VIP等級条件取引量BNB保有、取引量
達成難易度取引をすれば満たせる多くの初期資金が必要
特典手数料割引手数料割引

バイビットでは、ただ先物取引を続けるだけでVIPランクアップのチャンスがあります。

しかし、バイナンスでは各VIPランクごとにBNB(バイナンスコイン)を持っている必要があり、最低VIPランクの場合、BNB 25個と一定の取引量を満たす必要があるというデメリットがあります。

バイビットとバイナンス手数料比較

手数料バイビットバイナンス
メイカー・テイカー手数料0.02% 0.055%0.02% 0.04%
手数料割引20%20%
手数料割引方式リベートリベート

指値は同じですが、市場価格ではバイビットの方が高いです。リベートを通じての手数料返金方式が同じなので、先物手数料だけを見るとバイナンスの方が良いかもしれません。

先物取引比較

機能バイビットバイナンス
両方向取引 (ヘッジモード)可能可能
ポジション転換取引 (リバース)可能不可能
エントリー後のTP(利益確定)SL(損切り)設定可能不可能
証拠金追加可能不可能
自動証拠金補充オプション可能不可能
全てのポジションの清算不可能可能
各先物ペアページごとのロング・ショート比率の提供不可能不可能
カスタム注文モード (ウェブフック取引、ティワップなど)可能不可能
先物コピートレーディング可能不可能

バイビットならではのメリット

バイビット取引所ならではのメリットは、遅延なしの迅速な取引速度で先物取引を体験できることです。バイナンスの先物よりもUI/UXが使いやすく、より多様な先物取引機能を提供しています。

  • 先物取引の清算を防ぐための自動証拠金補充、証拠金の追加、途中TPSL設定など
  • トレーディングビューのアラートを基にした先物注文、定期的なタイミングで注文する自動モードなど

バイナンスの特徴と長所短所

バイナンス取引所は、世界の暗号通貨取引所の中で1位であり、非常に多様な派生商品と暗号通貨プラットフォーム(DeFi、ランチパッドなど)が充実しているため、批判する部分がほとんどありません。

どうしてもバイナンス取引所の欠点を挙げるならば、変化が少ないことです。バイナンスを除く上位の先物取引所は迅速にアップデートされています。

取引の不便な部分を継続的に改善しており、様々なコイン取引所の新規登録イベントが進行中で、最近ではビットゲット取引所がリニューアルを完了しました。これらを除けば、特にありません。

ただ、もう一つ少し残念な点は、ビットゲット取引所やBingX取引所のようにコピートレーディング派生商品プラットフォームがないことです。

長所

暗号通貨投資家のために非常に多様なプラットフォームサービスを提供しており、各サービスで最高レベルの経験を享受できます。

取引量が最も多いため、不便なく短期取引やスイング取引が可能です。特に、取引量の少ない取引所では指値注文に少し待ち時間が必要ですが、バイナンスではそうではありません。

バイナンスの手数料も、世界の先物取引所の中でも高くなく、安くもない適切なレベルです。

短所

日本でのサービスが完全に提供されていない点です。例えば、派生商品の提供が不十分です。先物取引を利用する方々には多くの不便を感じることがあります。

また、トップランクの取引所であるためか、先物取引機能のアップデートやアップグレードがあまり行われていないという欠点もあります。

バイビットVSバイナンス 比較簡潔まとめ

比較バイビットバイナンス違い
取引量約1兆円約5兆円約4兆円違い
取引所ランキング (派生商品)3位1位2位違い
1日当たりの利用者数1日平均30万人の訪問者1日平均3000万人の訪問者2970万人の差
推奨対象先物取引の長期ユーザー現物取引およびDeFi、ランチパッドなど
手数料割引率20%20%
先物取引の利便性良い良い

バイビットとバイナンス手数料最大割引比較

備考バイビットバイナンス
紹介コード割引20%20%
VIP割引メイカー 最大 100% (=0%)メイカー 最大 100% (=0%)
取引所トークンなし10% 割引

バイビットとバイナンス、結局どちらが良いでしょうか?

結論として、先物取引を初めてする場合は、バイビットがバイナンスよりも長期的に見て良いかもしれません。バイビットの先物取引の多様な注文モードと機能に慣れれば、より多様な先物戦略を立てることができるためです。

また、先物利益のための様々な補助機能も提供している点でバイビットが有利です。

しかし、圧倒的な取引量と信頼性を最も重視するなら、バイナンスが良いかもしれません。

コストパフォーマンスを選ぶか、高級ブランドを選ぶかの違いと言えます。

コメントする